WEBデブリ

WEB上のデブリです。

岡本太郎と縄文時代がMY TEAR

先週の土曜日に塩竈市でやっている岡本太郎展に行ってきた。
彼の作品を生で見るというのは初めてだった。
 
 
リボンの子って作品や坐ることを拒否する椅子、明日の神話などの作品が印象に残った。
 
 
その展示会では作品よりも「1951年、岡本太郎東京国立博物館で縄文火焔土器を見て衝撃を受けた」とかいう解説文とともに彼が撮った土器の写真の展示を見てものすごい衝撃を受けた。
 
岡本太郎は縄文火焔土器を見て美術芸術品として衝撃を受けたのだそうだ。
 
以下当時の思いの抜粋
 
縄文土器にふれて、わたしの血の中に 力がふき起るのを覚えた。濶然と新しい伝 統への視野がひらけ、我国の土壌の中にも 掘り下げるべき文化の層が深みにひそんで いることを知ったのである。民族に対して のみではない。人間性への根源的な感動で あり、信頼感であった」。
 
抜粋終わり
 
 
当時、縄文土器なんていうのは原始人がウホウホ言いながら作った工芸品、もしくは単なる歴史資料としてしか見られていなかったそうで、それに美術芸術品としての価値を再発見した彼の視点は日本の美術史を書き換えるほどのものだったらしい。
※調べてみたら当時、日本美術史としてみなされていたのは古墳時代(3世紀頃)からだったぽいので縄文時代(紀元前14000年頃)まで時代を遡らせたっぽいね。すげー偉業じゃねぇか。笑う。
 
 
簡単に言えば、岡本太郎ってのは日本美術史の中での特異点であって唯一無二の人なんだってこと。
 
 
とまぁここまで「岡本太郎はすごい人なんだよ」って話をしてきたわけだけど正直、美術史なんてどうでもいいんだわ。どんだけ岡本太郎が美術史的にものすごい人だろうがどうでもいい。俺が衝撃を受けたのはもっと違うところにある。その話をしたくてこの日記を書いている。
 
俺もだし、恐らくみんなもそうだと思うんだけど「過去の人の生活水準」だとか「過去の人の文化」や「過去の人の技術力」みたいなものを無意識的に見下しがちなものだと思う。
 
オーパーツとかロストテクノロジー的なものもそう言った「無意識下の見下し」があるからこそ謎めいたものだとみなされているんだろうな。
 
なにいってんのかよくわからんって人は「今の食事」と「昔の食事」について考えてみてほしい。今の食事は品質改良などが加えられた素材の味だっていいし、保存技術の発展によって鮮度だっていい。調理方法だっていろんな国の料理が伝わってきていて美味しい料理が食べられる。それに比べたら昔の食事って微妙すぎるわって思ったことがあるだろう。特に歴史の授業とかにあるだろう。
 
ほかにも娯楽面だったり移動手段だったり、今昔を比べると間違いなく大体のものは今のほうが良いんだ。
 
俺らは学べば学ぶほど過去に関する無意識下での見下しをしてしまうもんだと思う。
 
そういう色眼鏡をかけてしまうのだと思う。
 
やっぱり昔より今のほうが便利になっていたりするのは事実で、そうなってしまうのは誰が悪いとか教育が悪いとかではなくて、至極当然のことなんだと思う。
 
でも、無意識下の見下しを岡本太郎は持っていなかった。
 
「良いものは良い」
 
はっきりそう言える人なのだと思うし、平等に物事を判断出来る人なんだろう。そして物の本質をしっかり見極められる人なんだろう。少なくとも美術芸術に関しては。
 
今日、仕事で行った福島の帰り道に車の運転をしていたら今まで書いたような考えに至った瞬間、目からウロコが落ちたよね。つーか目から涙が落ちた。なんでなのかはよくわからない。多分だけど、そういった無意識下の見下しをしていた自分の人間的小ささと岡本太郎の(少なくとも美術芸術に関しては)人間的大きさの違いにかなしくなったんだろうね。
 
話があまりまとまってないような気がするけど、とにかくなんかスケールの大きいものの一端に触れたようなきがするっていう話です。
 

僕が去る町と僕に去られる町

タイトルはらもさんのエッセイのパクリです。
 
先週の土曜日に今回工事の作業すべてが終了した。
結構どうなることかと思ったけどやっぱりなんとかなるもんだね。
今までは職人さんに頑張ってもらっていたけどこれからは俺が頑張る番。そう、完成検査に向けて書類を作らなくてはならないのだ。
検査は来週、でも今まで遊び尽くしていたのであまり終わってない。本気出せばなんとかなる量ではあるけれど。
そしてその検査が終わって後始末をすれば完全に工事は終わる。
現場監督にとって工事が終わるというのはたいそう喜ばしいことなんだ。
 
計画立てて、現地に乗り込んで作業して進捗の調整して物ができて書類作って検査して指摘があったら直して後片付けしてやっと解放される。
 
工事中はなんだかんだで現場のことが心配になる。手のかかる息子みたいだ。いたことねーけどさ。遊びに出かけているときでもふと「あ、今度あの指示出しとかなきゃな」「あの確認したっけ?」「あれの手配しとかないとな」なんてこと頭をよぎるなんてのが多々ある。考え出してしまうことがままある。
でも、工事が終わればそういった諸々から一時は解放される。また次の工事はすぐにやってくるんだけどね。
 
そうなった時の達成感と解放感はすごいものがあって、夏休みと冬休みと正月とGWと童貞卒業がいっぺんにやって来るようなもんだと言えばまだわかりやすいんだろうか。まぁこれはこの仕事じゃないと体験できない感覚だと思っている。
 
工事が終わるということは今住んでいるところとの別れも意味するわけで、そういった観点から考えると中々さびしいものがある。
今回俺が住んだのは多賀城の下馬というところで、たいへんいい街だった。いい店に出会い、いい人たちに出会って多くのことを語らい酒を飲んだ。部屋からは駅も近かったし。コンビニも近かったっけ。いや、そんなことよりやっぱりいい人たちに出会えたのが大きかったな。そんなだからこの別れはひとしお心にしみる。
 
また来れるだろうか。沿岸だからまたそのうち来れるんだろうな。その時みんなに変わりはないんだろうか。多少はあるんだろうけど変わらずやっていてほしい。そして、変わらず俺を受け入れてほしい。
 
まぁまだ2月の中旬くらいまではいれるかなって思ってるんだけど。
次はどこに行くんだろうな。いい出会いがあるといいな。
そんなことを考えながら1人残業している気付けば雪が降ってきた夜。

ムスコ、暴走モード

こないだちらっとオナニー自己新記録に挑戦した時のことを書きました。
その時は24時間で25回って書いたと思うんですけど、これ、嘘なんです。
 
本当は、12時間で25回なんです。
この話は誰にもしたことがないです。24時間でどうこうでドン引きされるのにそれが12時間だったとかいう話したら石投げられますよ、石。
まぁとにかく朝7時くらいから夜7時くらいまででの記録であって、ある理由によりその日はもうやめようと思ったので「24時間で25回」って話をしてます。リアルでもそんな感じに話しています。
 
そのある理由っていうのが
 
イッてもムスコが納まらない
 
というものです。
 
え?どういうことって?じゃあ直接的な表現で行きますよ?
 
 
 
射精しても勃起が納まらない
 
 
こういうことになったんです。
 
えー、これに言及しているのがネット界広しと言えども他に1人くらいしか見たことないのですが俺の場合は23回目で納まらなくなりました。同時にムラムラも納まらなくなります。いわゆる賢者タイムですね。あれがなくなる。
 
「オナニーを覚えた猿」の話をご存知でしょうか?そうなった猿は死ぬまでし続ける。だから人間には賢者タイムが存在するのだ。って言う感じの俗説なんですけど、当時は俗説だなんてこと知らなかったのでもう「やばい、俺、猿になっちまった」しごきながらそう思ってました。
 
ちんこもギンギンだし、ムラムラも全く納まらない。しかもイッても出るべきものが2滴くらいしか出ない。正直言ってヤバイんじゃないか、これ死ぬんじゃないかと結構深刻に落ち込んでました。
 
そんなこんなしてると「ご飯だよー」という母親の声が。
とりあえず飯でも食って風呂でも入ろう、そしたらムスコも納まるだろうとか思ったんです。
 
でも、考えが甘かった。
 
 
母親の顔見ても祖母の顔見ても妹の顔見てもまったく納まらない。
飯食い終わっても、風呂入り終わってもギンギンムラムラのまま。
 
本当に恐怖ですよ。
 
多分浅薄で短慮なみなさんは
 
「記録伸ばせそうでよかったじゃーんwww」
 
みたいな感じに思うんでしょうけど、マジで恐怖でした。当時はテクノブレイクなんて概念知らなかったですけど、あきらかに体に変調があるわけですから。しかもむちゃくちゃ痛いですからね。亀ちゃんも痛いし、キンタマもむちゃくちゃ痛い。マジで死ぬか、ちんこが壊死するんじゃないかと思いました。あと、テクノブレイクは嘘。これだけ生きてる俺が言うんだから絶対に間違いない。
 
結局その日は2回連続でオナニーして、これで納まらなかったら寝ようと思いたち2回連続して納まらなかったので寝ました。
 
翌日、目を覚ますとムスコは納まっていましたが、激しい痛みに苛まされました。
 
みなさんも、お気をつけください。あと、いろいろと豆知識をお届けすると15回目くらいから出るものが透明になり、20回目くらいからは2滴くらいしか出なくなります。最終的には「果てた感」があるだけで何も出なくなりイッても臀部の辺りに痛みが走るだけです。
また、彼氏のちんこが大好きな痴女みたいな人は20回前後でムスコの暴走モードが発動するっぽいってことを覚えておいてください。

クスコの聖女

小学6年生のときにスーパーロボット大戦64ってゲームをやってました。
そのゲームの参戦作品に「蒼き流星SPTレイズナー」っていうアニメがありまして、そのアニメのストーリーがこのゲームにおけるストーリーの中核を担ってたんです。
ということはアニメにおける重要人物も話の中核を担ってくるわけで、ある単語が頻出するんですよ。
 
「クスコの聖女」
 
という単語が頻出するんです。
 
いやね、なんで当時の俺が 「クスコ」 これをエロ単語として認識していたんだかわからないんですけど、ていうか普通に「クスコ」の器具としての姿形も知っていたし、用途も知っていたのかとかもうわけわからなすぎるんですけど、とにかくクスコの存在をしっかりと認識していて「クスコの聖女」のことを相当な淫乱、「クスコの性女」とか書き換えてもいいだろくらいに思ってたんです。どんなエロガキだよ。
まぁ当時はオナニー自己新記録とかに挑んでたりしてましたからね。相当エロに貪欲だったんで。拾ったエロ本の中に相当にエグいもんとかもあったんでそんな知識が身についたりしてたんだと思います。ちなみに自己新記録は24時間で25回です。ちんこがちぎれそうに痛かった。しかも、これ、オカズが全部妄想っていうね。すごい、さすがにもう真似出来ないことやってる。ムラムラ着た瞬間にちんこだしてしごいてたんですけど最終的にスパロボやりながら戦闘獣グラトニオスってやつ見たらムラムラ来てましたからね。頭おかしすぎる。

f:id:urosinke:20180112093522j:plain

戦闘獣グラトニオス
 
 
 
まぁその話は置いといて、話が進むに連れて「クスコの聖女」の正体が徐々に明らかになってくるんです。
 
レイズナーの主人公(以下エイジ)の姉だった
 
とか
 
婚約者をエイジに殺された仇を打つために敵になる!
 
とかのストーリー上の起伏を経て最終的に明かされた「クスコ」の謎とは!
 
 
 
 
 
 
普通に地名でした。
 
いや、当時は知らんかったんですけど、ペルーにクスコっていう県があって、そこの聖女っていう意味らしいです。
 
この、思春期特有のエロへ向かうエネルギーってなんなんですかね、すごいと思う。

年末年死

伝えたいことは正直になるべく伝えていく。
今年のモットーです。
 
というのも、「死」をものすごく身近に感じた年末年始だったんです。
まず、大好きな居酒屋のおじいちゃんが軽く当たって入院。命に別状はないようですが、これから先なにが起こるかわからないなと痛感。連絡先とか全く知らないので俺の電話番号くらいは渡しておくかと思った次第であります。なんかあったら連絡してくれの一言でも添えて。
まぁ、今度帰ったら体大事にしてくれよって伝えようと思ってます。
 
また、めちゃくちゃ大好きでいつかまた会いたいと思っていた人の訃報も聞きました。若いのになんでなんだっていう気持ちしかないです。正直悔しいというかなんというか、ものすごくやるせない気持ちしかない。聞いた瞬間なんて頭の中真っ白になりましたよ。
この人に関してはもうほんとにめちゃくちゃ大好きだったんです。学生の頃なんて5年間で研究室にめちゃくちゃ入り浸ってましたからね。他の学生からすれば「なんだこいつ」感がすごくあったと思います。あと、今年、社会人になってから初めて3ヶ月程度実家に帰らなかった時期があったんですけど俺の親なんてその人の元に行ったと思ってたらしいですからね。15歳くらい年離れてんのにそりゃないだろって感じなんですけど、親がそう思っちゃうくらい個人的には大事に思ってた人でした。
というのも、その人は俺の心の師匠なんですね。今の俺があるのはその人のおかげです。そう断言できるくらい影響力のある人でした。
趣味に関しての世界を広げてくれたのもその人だし、LGBTとかについて真剣に議論を交わし、知見を広げてくれたのもその人です。いろんな少数派の考えだとかを持っている人がいることも教えてくれた。ジェンダーフリーについてとか語ったこともありました。
一般的に見れば「変」と言われる人にあまり偏見を持たなくなったのは本当にこの人に出会ったのが大きい。
ていうかぶっちゃけると学生の頃なんて普通に恋心抱いてましたからね。そんな人が知らぬ間に亡くなっていたというのはかなりショックでした。
もっといろんなことを話したかった。
 
他にも「死」を身近に感じたことが何個かあって、知り合いの店にいた犬だとか、おじさん家の犬だとかの訃報もありました。
 
極めつけは今日です。BABYMETALのバックバンドである「神バンド」のギタリスト「小神」こと藤岡幹大さんが1/5に亡くなっていたことを知りました。
 
 
これもものすごいショックで。芸能人の死で泣いたのは三沢光晴ぶりでした。しかも転落死。若いのに急過ぎる。
 
本当に今回の年末年始は「死」を身近に感じました。人間、いつ死ぬかなんてわかったもんじゃない。俺がいつ死ぬかなんてのもわかんないし、あいつもこいつもどいつもこいつもいつ何時ポックリ逝っちまうかなんてわからない。
 
なので伝えたいことはなるべく伝えていきたいと思ってるんですけど、これって、気持ちの押しつけになっちゃったりしないんだろうかっていうのも思っちゃうんですよ。
そこら辺のバランス感覚みたいのが俺にはどうにも欠如しているような気がするんで誰か相談乗ってくれませんかね?
 
まぁ、そこら辺は良しとして
 
伝えたいことは正直になるべく伝えていく。
 
これをモットーにして今年は頑張ろうと思います。
 
あと、遅れましたがあけましておめでとうございます。
今年もどうか宜しくお願いします。
 
 

2017年を振り返る

2017年を振り返ろうと思って書いてます。
 
まず、約3年振りにブログを再開しました。
きっかけはふんどしおじさんとの出会いですね。それについては感謝してます。ある日1時間に1回ペースで鬼電来てからは連絡取ってねーけど。
今年書いた記事の数はこれを含めて69件になります。平均すると1週間に1件程度のペースです。狂ったように書いてた時期よりは数は少ないけど質は上がってるんじゃないかなーって思ってます。あと、中学の頃のALTの先生が見たら「Oh・・・sixty-nine・・・」ってつぶやいて笑う数になったのは偶然なんでしょうか。みなさんの想像におまかせします。ちなみにこれ教科書の69ページを開いた時の話ですからね。授業中に。こいつ狂ってるんじゃねーかと思うとともに本場では「シックスナイン」を「シックスティナイン」と発音するんだなぁと本場の英語を体感した瞬間でもあります。
 
また、趣味的な話で行くと
 
映画→15本
本 →30冊程度(絵本含む)
漫画→
 
を味わいました。映画、漫画がかなり少ない気がするな。その分料理という趣味が増えました。日常的に自炊してます。
 
そして今年はいろんなアーティストを発見した年でもありました。
日食なつこに始まり、ヤバイTシャツ屋さんとペギーズを知ることによって弱冠敬遠していた最近のバンドの良さに気付き聴き漁ったりしています。個人的に来年はUNITEDBANANAがアツイと思ってます。仙台出身の3ピースガールズバンドで少年ナイフをリスペクトしているところが最高。あとカサネテクにもハマったな。
音楽面以外で言うと、スターダックトニーとあさぎーにょを発見できたのも激アツです。どっちもこれから先どっかでブレイクする日が来ると思います。
 
あさぎーにょを知ったのはネットでなので今年のインターネットを振り返ると、やはりTwitterで情報収集し始めたのが大きい。
 
Numeriのpatoさんがブログやってたりライター業やったりしてんの知ったり、はてな匿名ダイアリー(通称増田)の良さを知ったり劇画狼さんの情報発信とかネット界隈のいろんな話の取りこぼしが少なくなったりでかなり助かるSNSになってる。知り合いのフォロー、フォロワー1人しかいないけど 笑
Twitterに関しては完全にニュースフィード的な感じで利用するのが一番良いんじゃないかなと思ってます。
あと今年のインターネットは最後の最後にぶち込んできたはあちゅうさん関連がアツかったなと。彼女はこれからの動向次第では完全に失脚すると思います。これに関しては来年に持ち越しか。
あ、それと、今年は昔からネットで活躍してる人たちの躍進が凄まじかった気がするなぁ。
 
最後に私生活関連。
まず先程も書いたとおり自炊してるのと痩せようとしているのが大きいかな。それに関してはしっかりとした結果がでてないからいいや。書かん。
あと俺、多分丸顔好きなんだろなって気付いた。
 
そんな感じです。
来年は世界史とか勉強したいなとか思ってる。勉強法がまったくわからんので良い資料とかあったら誰か教えてください。
では、良いお年をお過ごしください。
そして来年も宜しくお願いします。
 
 
 
 
話に出てきたやつのURL貼れるものは全部貼っときます。話に出てきた順番どおりです。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

patoさん関連

Numeri

 

ブログトップにライターとして書いたのがあります。

tamokuteki.hatenablog.com

 

増田関連

はてな匿名ダイアリー

 

劇画狼さん関連

leedcafe.com

 

お題「年越し」