読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんどしおじさん

最近、交互浴にハマっていて銭湯によく行くんです。現場から車で5分くらいのところにある「とみや湯ったり苑(http://www.yuttarien.com/tomiya/)」ってとこに行ってます。特に洞窟風呂とスチームサウナがお気に入りです。

しかもあれですからね。通常料金670円のところ平日なら写真程度の飯付いて1030円ですからね。最高。独身ひとり暮らし男性にとってこれほど助かるようなもんはない。

f:id:urosinke:20170126190058j:plain
 
 

 

まぁそれはいいんですけど、先週の水曜日も行ったんですよ。銭湯。とみや湯ったり苑。
そんで風呂あがって着替えてたらふんどし履いてるおっさんがいたんですね。鏡の前に立ってふんどし一丁で髪乾かしてる。
 
「ふんどし履いてる人、リアルで初めて見たわー」
 
なんてことをさらっと思いながら特に気にせず脱衣所から出て、飯食おうと思って飲食コーナーに向かってたら壁にキングダムの絵が見えるじゃないですか。
 
「あ、これ巷で噂の漫画タダで読めるやつじゃん!」※そういう銭湯も増えているらしい。
 
とか思ってラインナップ確認してたら
 
 
「なに見てんの?漫画?ここ漫画あるんですか?」
 
 
という声。
 
 
「あー、そうみたいっすね。2階にあるみたいですよ」
 
 
って返しながら振り返ったらさっき脱衣所にいたふんどしのおっさんが立ってるんです。
 
 
 
 
 
ふんどし一丁で。
 
 
 
 
 
 
「あ、こいつヤベーな」
 
 
って思いました。だって、脱衣所からふんどし一丁で出てきてますからね。そりゃヤベーでしょ。
とりあえずあまり関わり合いにならないほうがいいと判断し、早々と立ち去ろうとする俺に対しふんどしおじさんは
 
「ふーん、あ、今度ここで一緒にお風呂入りませんか?」
 
と言い放ちました。
 
「はい?」
 
思考停止ですよね。いやさ、脈絡なさすぎじゃないですか。出会って二言目で「今度ここで一緒にお風呂入りませんか?」って言ってくるやつ、見たことあります?いや、これは聞いたことあります?って質問に変えてもまったく差し障りないわ。だって答えはどちらもNoだから。
 
しかもそいつ公共の場的なところでふんどし一丁ですからね。そんなやつに「一緒に風呂入ろう」って言われるって、なんかの悪夢かと思いましたよ。そりゃあ思考も停止するわ。
 
返事に詰まる俺を見て、ふんどしおじさんは聞こえなかったと判断したんでしょうね。
 
「だからさ、今度ここで一緒に風呂入りません?」
 
もう一回聞いてきました。
 
 
 
 
そして
 
 
 
俺は
 
 
 
「え、まぁいいですよ」
 
って答えました。なんというか「今度ここで会ったら話でもしませんか?」的なニュアンスだと思ったんですよね。
でも違った。俺の見積り甘々だった。
 
 
まさかの衝撃の一言
 
 
 
「じゃあ電話番号教えてよ」
 
 
 
が出てきたんですね。「えっ?!」じゃないですか。「えっ?!そういうレベル?」じゃないですか。正直教えたくなかったんですけど
 
 
 
 
教えました。
 
 
 
教えたというか、教えてもらいました。
 
というのも、おっさん気付いたんですね。
 
 
 
 
「あ、でも僕今こんな格好だから今言われても忘れちゃうや」
 
 
 
 
って。
 
 
自分が裸なことに気付いていないって、面白過ぎません?
 
数学者の加藤和也先生かよ!
東大名誉教授で2009年からシカゴ大学の教授やってる加藤和也先生かよ!
 
って言っても例えがあまりにもわかりにくすぎるので解説しますと
 
「院生の頃、数学のことを考えながら街を歩いていたら警察に両脇から捕まった。警察に「自分の格好を見てみなさい」と言われ、確認したら自分がほぼ全裸だった、という逸話を持つ。その話をした後、「自分の学生に警察に捕まりました、という学生がいないのが残念だ。打ち込み方がたりないんじゃないか」と語っていた。」
 
って感じの人です。ヤバイですね。ちなみに、この人が作った「素数の歌」がいい具合にイカれていて最高です。
 
話が逸れたので戻しますけど
 
 
「あ、でも僕今こんな格好だから今言われても忘れちゃうや」
 
発言でふんどしおじさんに対する俺のイメージは「あ、こいつヤベーな」から「あ、こいつクレイジーだな」に変わったので電話番号教えました。
 
そのあと、家に帰って酒飲んでたらふんどしおじさんから電話が来て、今週の水曜日に先の銭湯で落ち合う運びになりました。
 
少し不安です。
 
加藤和也先生のことはWebライターのヨッピーさんの記事で知りました。

persol-tech-s.co.jp